「かわさき産業デザインコンペ2016」の経過報告その1

かわさき産業デザインコンペ2016

以前にお知らせした「かわさき産業デザインコンペ」の応募が締め切られ、いよいよ本格的に動き出しました。
デザイナーやクリエイターの皆さんから広くアイディアを募集し、川崎市内のものづくり企業が商品化をめざすコンペティションに、ヒラミヤが参加させていただくようになってから今年で4回目となります。

今年、我々が取り組むテーマは、「金属の板で作る立体パズル・立体オブジェ」。
イグアナアイ プロジェクトをはじめ、「アルゴリズムデザインの具現化」に情熱を燃やすヒラミヤにとっては、実に挑戦しがいのある課題であるといえます。

まだまだ全容をお伝えする事は出来ないのですが、タッグを組む優秀なデザイナーさんからすばらしい提案が届いております。
その名は「カナフウセン」。
名前を聞いただけでも、どんなプロダクトになるのかワクワクしてしまいます。

これから実際の具現化に向けて、具体的な問題点を解決する段階に入ります。
来年初頭の最終審査会に向けて、ただ今鋭意進行中です。
続報が届き次第、皆様にも公開をしていきますので、ぜひご期待ください。

かわさき産業デザインコンペ 公式サイト