製作事例:金属溶接技術のご紹介・特徴やメリットについて

  

板金加工の中でも、基本的な工程と言える「溶接」。
複数の金属を接合する作業の中から、ヒラミヤが得意とする代表的な物を三つご紹介します。
まずは、金属に電気を流し金属を溶かして接合する「スポット溶接」。
そして、CO2ガスを吹き付けながら行う「MIG溶接」と、アルゴンガスをシールドガスとして使う「TIG溶接」という二種類のアーク溶接です。

金属板の溶接でコストダウンを図るなら「スポット溶接」

スポット溶接による金属板の接着「スポット溶接」は、金属板同士を合わせ、瞬時に電気を流して接合します。
二枚の母材の面同士を張り合わせるのに有用な方法です。
通電する金属である事が前提となっており、鉄なら3mm、アルミであれば2mm程の厚みの素材が接合できます。

スポット溶接の作業風景

スポット溶接のメリット

瞬時に接合する事が可能で、作業時間自体が早くなることでコストを押さえる事ができ、生産性が高い溶接方法と言えるでしょう。

強度が必要な箇所の溶接には「MIG溶接」

MIG溶接「MIG溶接」は、CO2をアシストガスとして吹き付ける事で、作業時の酸化を防ぎます。
溶接ワイヤーを大量に盛る事ができるため、強度を確保したいときに有用です。

MIG溶接の作業風景

MIG溶接のメリット

トーチの先端から、溶かす事で接着素材となる溶接ワイヤーが出る構造となっているため、我々は「半自動」と呼ぶ事もあります。
両手を使わない、という作業上のメリットも見逃せません。

仕上げの美しさを重視する箇所には「TIG溶接」

TIG溶接最後は「TIG溶接」です。
アルゴンをアシストガスとして吹き付けながら、溶接棒とトーチを両手で操って作業を行います。
腕次第で、非常に美しく仕上げる事もできるのが特徴で、職人の技と経験が問われる溶接方法です。

代表的な溶接方法を簡単にご説明しましたが、いかがでしょうか? 
生産効率や強度、美しさなど、それぞれに長所と短所があります。
素材や用途、予算などに応じてベストの溶接方法を選ぶのは勿論ですが、職人の技術や経験が仕上がりを左右するのは、どの方法でも同じ。
我々も、日々研鑽を重ねながら、より良い結果に近づけるように努力をしています。