3D SCANNER3Dスキャナー空間測定
BIM 3Dモデリングデータ制作事業

3D CADデータを使用した設計プロセスを導入すると工程短縮やコスト削減が可能となりますが、そのプロセスに必要不可欠となるのが正確に現場を測定したデータとなります。
従来の方法では測定・図面作成が困難な高い精度のデータを測定し、現場の細かい箇所までを測定可能にした方法が3Dスキャナーを使用する方法です。
また、測定漏れによる再測定も発生しませんので、不測のコストや時間の発生を防ぐことができます。

3Dデジタル化を行うメリット

最新の正確なデータ

少ない人工で実施が可能な上、半径10mの測定範囲で誤差1.5mmの正確なデータを作成できます。
また、最新の状況を測定するので、既存の現場図面作成後に追加された設備などがあった場合も位置や大きさを正確に把握できます。

コスト削減

正確な測定データに基づいて金物製作を行うので、現場合わせの最終加工が不要で、廃材や余りが出ないのでコスト削減が可能です。
また、測定漏れや再測定に係る時間やコストが発生しません。

工程の大幅短縮

3Dデジタル化により、3Dモデリングデータのやり取りのみで完結ができるようになります。
企画・デザイン~部品製作~施工までの工程が大幅に効率化できるので、工程全体を通じて従来の1/2に工期短縮することも可能です。

img01

3Dデータを活用したワンストップサービス

3Dスキャナーで現場を測定

3Dスキャナーで測定

少ない人工で実施が可能な上、半径10mの測定範囲で誤差1.5mmの正確なデータを作成できます。
また、最新の状況を測定するので、既存の現場図面作成後に追加された設備などがあった場合も位置や大きさを正確に把握できます。

3Dモデリングデータ作成

3Dモデリングデータ作成

現場で測定した点群データを専用の編集ソフトを使用し、3Dモデリングデータを制作します。
設計者やデザイナーには、stepやigesのファイルにてご提供します。

設計・デザイン

金属加工用図面・現場加工用図面の作成

デザイナー・設計者から支給して頂いた3Dデザインデータを加工し、金属加工用図面や現場加工用図面を作成します。
部品用平面図を別途作成する必要がなく、設計・図面作成時間の短縮が可能です。

金属加工・現場施工

社内で金属加工を行い、内装施工業者と連携して現場での設置を行います。
正確な3Dデータから作成された図面を元に部材を製作していますので、現場合わせの最終加工工程が必要ありません。
工期短縮やコスト面で優位になります。